Kyoto Bisho

昔のモノ、今のコト

gallery

エミール・ガレ

フランス語で「新しい芸術」を意味するアール・ヌーヴォーは、1890年代の世界のあらゆるジャンルの芸術家に爆発的に浸透し、国際的な美術運動となりました。ルネサンス以降、現実をありのまま再現する写実主義的な考え方が西洋美術の伝統でしたが、アール・ヌーヴォーの作家たちは、従来の様式に囚われず過去の芸術概念から抜け出し、自然界からインスピレーションを得た生命力溢れる作品を作り出しました。それは当時としては、とても革新的な行為でした。

アール・ヌーヴォー期に活躍したガレとドームは、フランスのガラス工芸界を代表する作家です。
ガレは、1878年のパリ万博出品から白血病で死去する1904年までの約25年間に様々な作品を発表しました。豊かな自然の中で生まれ育ったガレは、植物や昆虫をこよなく愛しました。当時ナンシーに留学していた日本人、高島北海との出逢いにより日本人の美意識に強い感銘を受けたガレは、日本美術に触れたときの印象を「自然の中に潜む命の輝きにみせられた」と回想しています。
ガレはこの時に受けたインスピレーションをガラスで表現することに成功しました。従来の光を透す透明ガラスというイメージから脱却し、これまでにない、光を内に留めた神秘的なガラスをつくりだしたのです。

<エッフェル塔(1889年にフランス革命100周年を記念して開催 されたパリ万国博覧会のために建造された)>

初期のガレ

ガレが自身のスタイルを確立する前に制作したロココ調の作品です。生命の源である神秘的な海洋を見事にガラスで表現しており、海のかおりや潮騒が聞こえてくるようです。エナメル彩を立体的に厚く盛り上げ細部まで細やかに描いた貝殻はまるで本物のようで、ガレの繊細な感覚と技術の高さが感じられます。
ガレは初期のころ、ロココ様式や古典様式、ジャポニスムなどの様式を混在して使っていました。

<ロココ文香水瓶>

アール・ヌーヴォー様式

草花などの自然がつくりだす曲線美を取り入れたアール・ヌーヴォー様式の作品は、パリ万博への出品を期に瞬く間に世界的な流行となりました。
ガレは単に動植物の姿を忠実に写し取るだけでなく、「自然を愛でる心」「命の儚さを知る」という日本人の美意識から学んだように、ガレ自身が感じ取った感情を素直に作品に表現しました。それは、ガレが工房の扉に刻んだ言葉にも表れています。「我々の根源は森の奥深くにある。小川の岸辺、苔の中に」

ものいうガラス

ガレは、1870年に出版されベストセラーとなったジュール・ベルヌの『海底二万リーグ』に触発され、海をテーマにした作品をいくつか制作しています。海の底には人間の知らない未知の世界が広がっていることをこの小説によって初めて知らされたからです。
この作品は、海を想起させる薄緑色のガラスに海藻を描いており、器腹には詩が刻まれています。詩を添えた作品には、見る者にガレと同じ思いを共有させる力があります。

「汝らは地の塩なり」聖書マタイ福音書5章13~16節の一文です。

あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

<貝と海草文塩入れ>

高度な技術

ガレは自らのイメージをガラスで再現するために、高度で複雑な技法を多用しました。
この作品(※写真右)は、アンテルカレルーを用いて遠近感を出す他に、陽の光をあびて金色に輝く木々を窯変色のガラスで見事に表現しています。花瓶全体に暖かな色を配色し表現された陽の光は、木々や森に暮らす動植物などすべてを包み込むようです。太陽とともに生命の活動を繰り返す自然の摂理への畏敬の念を感じるとともに、それが人間の理想の姿であることを訴えかけているようです。
(アンテルカレルーは、透明なガラス層の間に色ガラスで作った模様を挟み込み、表層に彫刻を施して模様を重ね合わせ、遠近感を出す技法です)

<バナナの葉文リキュールセット>
<湖水風景図花瓶>

ガレの死

1904年にガレが白血病で亡くなったあと、ガレの幼友達で生前にも下絵などを提供していた画家のヴィクトール・プルーヴェやガレの娘婿が工房を引き継ぎました。山水風景を明るい色調で描いたものや、型を使用して果実や花を浮き彫りにした「スフレ技法」は今も高い評価を得ています。

ガレの熱狂的な創作意欲によって開始されたガラス工芸の制作も、世界大戦の始まりや不況など社会状況の変化によって人々の間に高額な美術品を鑑賞したり購入したりする心の余裕がなくなってゆき、ガレのガラス工房は忘れられることとなり、1931年に工房は閉鎖されました。

<クレマチス文花器>