Kyoto Bisho

昔のモノ、今のコト

gallery

フランス初のガラス工場「バカラ」

1764年、パリから東に約400km離れたアルザス・ロレーヌ地方南部のバカラ村にフランス初のガラス工場が設立されました。アルザス・ロレーヌ地方はドイツの国境に近く、シュバルツヴァルト(黒い森)と北フランスのヴォージュ山脈との間に横たわる山の多い森林地帯です。豊な森林資源と澄んだ空気、清らかな水を利用するため、ムルト川右岸の小さな村に建設されました。
それまでフランスでは、ガラス工芸品を制作する技術を持っていなかったため、高価なクリスタルガラスをボヘミアから大量に輸入していました。その結果、ヨーロッパ諸国との間で行われた七年戦争(1756-1763)後の国家再建のための資金が国外に大量に流出していました。戦争で疲弊し、失業者であふれたフランスを憂いだロレーヌ地方の統治主、ラバル司教は、1764年、国王ルイ15世にガラス工場設立を請願し承認を受けたのです。

<バカラ村に流れるムルト川>
<バカラ駅>

バカラクリスタルの誕生

世界で最初のクリスタルガラスは1671年、イギリスのガラス工場で偶然に生まれました。
その後、19世紀になってクリスタル製造技術はフランスへ伝播し、1816年、バカラは高級クリスタルの製造を始めました。バカラでは、秘伝とされていたボヘミアのガラス製作技術の解明にいち早く取り組み、その技術を取り入れることに成功しました。その結果、バカラは高級クリスタルの代名詞と言われるまでに成長したのでした。

オールドバカラ

19世紀後半、パリで相次いで開催された万博での成功をきっかけに、バカラは世界中のセレブリティから多くの注文を受けました。目の肥えた彼らを満足させる製品をつくるため、職人達の技術は頂点に達しまた。オールド バカラは、ジャポニスムやアール・ヌーヴォー、アール・デコなど流行を敏感に反映しながらも、王侯貴族の宮殿などの豪勢な調度品と調和するようにデザインされています。必要以上に自己主張をせず、清楚に輝く作品は、多くのセレブリティの洗練された感覚をも満足させるに十分な魅力を持ち合わせています。

バカラの理念
「最良の素材と、最高の職人の技術、
これらの完璧性を将来に継承することが最も重要だ」

バカラの理念は、バカラ誕生の基礎を築き上げた経営者ゴダール・デマレの言葉に集約されています。「養った技術が幾世代にもわたって受け継がれ、さらに進歩するものである」という高い理想は現代に継承されています。
またその技術力の高さは、MOF(フランス最優秀職人)に認定された職人を多く輩出していることでも証明できます。

バカラでは、一つひとつの製品の制作に50~60人もの熟練職人が携わります。職人達は、時に熱風にさらされながら常に手作りの精神を貫いています。品質管理はとても厳しく約40%の製品が不合格となり破棄されます。さらに高度な技術を要する作品になると60~80%もの製品が不合格となるのです。高い理念のもと高度な技術を駆使してつくられた作品は、今も世界中の多くの人々に愛され続けています。

コラボレーション

19世紀、バカラではブロンズやシルバーと組み合わせた作品を制作しています。装飾具には、バカラで制作されたものと外注の2種類のものがあり、この作品の装飾具は、クリストフル社が製作しています。当時、他業種とのコラボレーションは画期的なことでした。
ヨーロッパでは銀器の歴史は古く、銀器は世代を経て大切に扱われてきたテーブルウエアの華とも言えるものです。シンプルにカットデザインされたクリスタルは水晶のように神秘的に輝き、装飾具の見事な細工と一体となって独特の存在感と美しさを放っています。

<バカラ/クリストフル 人物文鉢>

バカラと日本

1867年のパリ万博に日本は2000点近くの美術工芸品を初出品しました。出品された工芸品の細工の美しさや、日本独自のデザイン感覚に衝撃を受け、世界中でジャポニスムといわれる日本ブームが起きました。
バカラも日本美術との出会いをきっかけに、これまでとは違う作品表現に挑みました。日本人が心に抱く自然への敬意の念や空間をも含めた美的感情を、高度な技術と繊細な感覚で作品に取り込んだのです。

<烏文花瓶>

被せガラス

アール・ヌーヴォー期(1900年頃)、色被せガラスにエッチングで地模様を刻んだ作品が流行しました。細かな地模様はバカラの特徴であり、作品にすがすがしい印象を与えています。

<花文花瓶>

オパールの美しさ

宝石のオパールに似た美しさをもつことから、オパーリン・クリスタルガラスと名付けられた乳白色のガラス作品があります。この乳白色を作り出すためには複雑な溶解工程が必要なため、制作期間は1840年から約50年間と限られています。
一見磁器のようですが、作品に光が入ると透過効果によってふんわりと明るくなり、暖かさが生まれます。クリスタルと磁器、両方の良さを併せ持つ作品です。

<オパーリン・クリスタルガラス 花文花瓶>

様々な技法

カットやグラヴュールはとても深く繊細に彫刻されています。エナメル彩色を施した作品など、貴族らの注文に合わせ様々な品がつくられています。どれも惜しみなく手間と時間が掛けられたものばかりです。

<アイリス文花瓶>
<鉢>

テーブルの華

パーティーを華やかに演出しゲストを楽しませるために様々なテーブルウエアがつくられました。ロシア皇帝用に一からデザインされたグラスなど、その種類は数えきれません。